ALEX MOULTON LIFE

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ボトル考察 Klean Kanteen

d0258552_14231215.jpg

パイロンにボトル台座が装備されたので、試しに手持ちのボトルを装着。
自転車専用のボトルではないが、クリーンカンティーンのリフレクト800ml。意外と似合っているのではないだろうか。保冷・保温能力は無いが見た目は良し。直径70mmのボトルなので、ケージに対しやや細いかと思いきやNITTO製のモールトンボトルケージが程よいテンションで迎え入れてくれた。ミラーモデルなので、ケージによる傷がすぐにでも付いてしまう予感がするが、心配ご無用。その様子は全く無い。スポーツタイプのキャップも販売されているので走行中の水分補給も可能だし…おや?ボトルの物色を始めようとしていたが、その必要は無いかもしれない。
保冷・保温能力のあるワイドインスレートも試してみたが、こちらは直径75mm。無理して押し込めば装着可能だろうが、ケージを変形させてしまいそうなので、お勧めはしない。
プラスチックボトルはプラスチックボトルで、その良さもあるが、あの独特の臭いや、ビスフェノールAの毒性が気になる方はステンレスボトルと言う選択肢もありだと思う。
d0258552_14491170.jpg

d0258552_14231610.jpg

by alexmoultonspeeds | 2015-02-09 06:22 | NSMS-PYLON

YETIよ、お前もか

d0258552_8184237.jpg

本日からHILLEBERGの価格が改訂、テントに関しては前情報を大幅に上回る3万円程(モデルにもよるが)の値上げとなった。他にも価格改定の対象になってしまったアイテムが…「最強」と謳われるYETI COOLERS。昨年の夏、大幅な値上げが行われたのは、まだ記憶に新しい。いずれも改訂前から所有しているので難は逃れているが、最近海外ギアの価格上昇がやけに目立つ。困ったものだ。
by alexmoultonspeeds | 2015-02-05 06:16 | Camping Gear

SPEED LIFE

d0258552_8322219.jpg

敬愛するMBCNのMさん。
この度は、モールトン日本輸入30周年記念モデルのAM Speed-S(35台の限定モデル)のご購入おめでとうございます。これは間違いなく一生モノ!Speed-S Mark2、そして今回のSpeed-S…Speed魂、いや、Speed愛に満ち溢れるお方が仕上げていくこの限定モデルの完成形が、今から楽しみでならない。古き良き時代のスタイル?最新の拘りパーツをちりばめたスタイル?それとも…?

※画像はMさんのブログより転載させて頂きました。オブジェのような佇まいのフレーム、美しい。また、フレームだけを見つめる時間がとれるのは幸せに思える。何故なら、フレームにパーツを肉付けしていくイメージ(妄想)を落ち着いた空間で行えるからだ。妄想に妄想を重ね、その過程で新たな知識や知恵を得て、また妄想に耽る…。羨ましい…。

素敵なSpeed Lifeを!
by alexmoultonspeeds | 2015-02-04 17:44 | Moulton

秩父キャンプ

d0258552_1935538.jpg

もう2週間以上前の事。寒いだろうが、何とかなるだろうとキャンプの予定を組んだ。にも関わらず、前日の晩、珍しく帰省している兄と実家で飲み過ぎてしまい、まんまと2日酔い。昼には復活したが、現地に到着したのは日が暮れる直前だった。設営中に日が暮れてしまい、もう寒いのなんのって。寒風が猛烈に吹きすさぶ中、焚火で暖がとれず、ケロン4GTの前室に避難。車中のミネラルウォーターが凍結する程気温が低く、ジェットボイルではお湯も沸かせない。ガス缶の無力さをまざまざと思い知る事に。雪に包まれた真冬のフィールドでは、現在の私の装備では「不自由」と感じた。かと言って、装備を増やしてこれらに対応する事を望んでもいない。車の積載量を考えると、これ以上荷物を積みたくはないし、オープンタープで過ごせるキャンプスタイルが一番好きなので、無理してまでこの季節にキャンプをする必要もない。この結論、行く前から分かっていた事だが、身をもって体験する事は大切な事。想像で片付けてしまうなんて、なんと勿体ない事か。という事で、次回のキャンプは4月以降に決定。
by alexmoultonspeeds | 2015-02-04 06:25 | Camp