ALEX MOULTON LIFE

<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

イギリス帰り

d0258552_11532498.jpg

「イギリス帰り」といっても私では無く、再メッキに出していたウィッシュボーンステムの事。先週日本に帰って来たようだ。仕上がりの確認及び、3ヶ月ぶりにパイロンへ装着させたいと考えているが、いやはやこの時期は仕事が忙しく、プライベートが毎年犠牲になる始末。3月中旬になれば一旦仕事が落ちつくが、それでは4月までにパイロンを完成させられない。無理してでも時間を作らねばならない。いずれにせよ今度KOOWHOへ伺う時は、メッキの確認というよりは最終の組み上げを依頼しにいく事になりそうだ。悩み続けているペダルの選定に決着をつけ、大詰めに備えたい。
by alexmoultonspeeds | 2014-01-30 23:53 | NSMS-PYLON

自転車泥棒

d0258552_100237.jpg

職場の後輩が所有するFUJI STRATOS R が昨日盗まれたそうだ。一戸建て敷地内の奥まった場所に保管していたが、通りから自転車の存在が確認出来る場所だったので、以前から「屋外は危険だよ」「いつか盗まれる」と忠告していたが案の定自宅で盗まれた。盗む者が悪い、犯罪だ。しかし後輩に危険予知が働かなかったのも事実。本人は相当ショックを受けているものの、別の自転車を購入する計画を立て始めた。この手痛い経験を活かし、今度は保管場所の徹底を図るとともに購入する自転車へ愛情を注いでもらいたい。
by alexmoultonspeeds | 2014-01-08 08:01 | Other

ある日の質問

d0258552_11572457.jpg

先日、「GTmk2とパイロン、どちらが好き?」「1台しか所有出来ないとしたら、どちらを選ぶ?」「あと1台買うとしたらどんなモデル?」という質問をされた。どちらも好きだから所有している訳で、正直回答に困る質問だった。「それぞれ好きな所があるのでどちらが好きとは言えないが、1台だけしか所有できないとしたら、長年販売されている伝統の形状という点でGTmk2を選ぶ」と答えた。
個人的な考えだが、17インチのトラスフレームは形状として完成されていると思う。美しくもあり可愛らしさすら感じる愛すべき形状。
d0258552_11574933.jpg

パイロンはその名の通りの特徴的形状を誇り、全体像も美しいと思うが、それでも17インチのトラスフレームに高い完成度を感じる。GTmk2とパイロンとでは見た目以上に乗り心地の違いが顕著。20インチという点も無視出来ないが、フレクシターサスペンションの素晴らしさはリーディングリンクサスペンションがまだまだ発展途上にあった事を気付かせてくれる。走行面では博士渾身のサスペンションを味わえるパイロンの方が好みだ。
購入予定は無いが、あと1台購入するとしたら何だろうか…鉄モデルが不在なので、AM20mk2だろうか。廃盤になったエスプリが現在でも販売されていたら、間違いなくエスプリをオーダーしているだろう。コンセプトも含め、とても良いモデルだったと思う。前述したGTmk2及びパイロンの良い所がミックスされたモデルに思えるし、モスキートスタイルが似合う事を考えるとニューシリーズも良い。もしもの質問で想像した結果、そんな所だろうか。
パイロンが完成したら、AM7さんのマシンを一緒に弄くるのも面白そうだ。まずはリアハブを変えて10sにしてみるとか…。
by alexmoultonspeeds | 2014-01-07 06:18 | Moulton

ボトルケージ

d0258552_1312765.jpg

夏場のこまめな水分補給を考え、今夏までにボトルケージを装着させたいと考えている。現在、サイズ調整が可能なものを始め実に多くのメーカーから多種多様な商品が販売されており、用途と好みに合わせれば良いだけだが選ぶのに苦労させられる。
ある種モールトニアにとってその悩みを解消してくれるアイテムをNITTOが製造している。そう、NITTOとMOULTONのダブルネームだ。
ダイナベクターのオフィシャルページでは、「最高級ステンレスパイプ使用のボトルケージにモールトンの名前が入った限定品です。総重量48.5グラムの軽さ、一本の18‐8ステンレスパイプを曲げ、熟練工による溶接で手造りしたものです。
ステンレス製フレームのモールトンには特にお勧めの逸品です」と。…逸品、多くのモールトニアが使用しているであろうこのボトルケージを、私も装着したい。元々NITTOから販売されているBOTTLE CAGE 80に「Moulton」と刻印を打っただけだと察するが、それでも反応してしまう。実は3年前からこの製品の購入を考えていたが、飾りではなく使用する為のボトルケージは満足したマシンにしか装着した事が無く、購入を躊躇っていた。GTmk2には装着したいと思う。台座のオーダーを入れなくてはならないが、パイロンが完成した暁にも装着させてみたい。
d0258552_18391756.jpg

by alexmoultonspeeds | 2014-01-05 18:39 | AM GTmk2

奈良旅行part2

d0258552_20324764.jpg

滞在3日目は早めに起床し、サイクリングへ出発。日が当たり始めた芝上で微睡む鹿を横目に、東大寺へ向かった。人も疎らで早起きした甲斐があったというもの。ルートは、南大門、二月堂、法華堂、鐘楼、奈良国立博物館、ならまち散策、新薬師寺、山の辺の道。天候に恵まれ、往復5時間の気持ち良いサイクリングが出来た。奈良に滞在中、車を利用して観光したのは初日だけだった。その他は徒歩かモールトンで移動し、冬の奈良を記憶にしっかり焼き付ける事が出来たと思う。
d0258552_20374259.jpg

d0258552_20404514.jpg

d0258552_20425190.jpg

d0258552_2044425.jpg

d0258552_20543350.jpg

d0258552_20545180.jpg

d0258552_20462138.jpg

d0258552_21155859.jpg

d0258552_2116830.jpg

d0258552_20553558.jpg

新薬師寺と二月堂は、違う季節にもう一度訪れたいと思う。
by alexmoultonspeeds | 2014-01-02 21:23 | CYCLING

奈良旅行part1

d0258552_19232792.jpg

今回の旅行は、大学時代を奈良で過ごしていたAM7さんの意見を参考に、世界遺産や重要文化財を巡ってきた。最初に到着した室生寺で雪に見舞われたが、700段の石段頂上から風情ある光景を楽しむ事が出来た。
d0258552_19161550.jpg

その後、法隆寺へ。見所がとても多く、時間がいくらあっても足りない。それもそのはず、国宝・重要文化財だけで約190、 仏像は約650体という文化財の宝庫。日本で初めてユネスコの世界遺産に登録されたのも頷ける。いつの間にやら閉館時間に。
ホテルに戻り今度はモールトンで興福寺、猿沢池へ。
d0258552_1951992.jpg

8時間の運転と、奈良の寒さに身体が固まりそうだったので、早めに夕食を済ませこの日は就寝。
翌日は徒歩で新薬師寺、元興寺、奈良国立博物館をじっくり見学。またしても滞在中に閉館時間を迎えてしまった。奈良国立博物館は1日見学していても飽きない程見所満点だった。
by alexmoultonspeeds | 2014-01-02 20:30 | CYCLING