ALEX MOULTON LIFE

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

川越「小江戸」サイクリングpart1

d0258552_10164722.jpg

連休前はそれはそれで忙しく、下調べも不十分に当日を迎えてしまった。また、いつも使用しているカメラが現在入院中の為、今回はAM7オーナーのFUJI X10で撮影を行なう事に。かれこれ6万回もシャッターを切っており、寒暖の差が激しい環境での撮影も多かったので、かなり傷んでいた。ミラーボックスは丸ごと交換らしい。
さて、雲ひとつない天候に恵まれた今回のサイクリング、初日は川越に。早速蔵づくりの町並みを見学…あれっ、もうおしまい?その範囲の狭さにしばし呆然。
d0258552_1025445.jpg

気を取り直し、徳川家と縁のある喜多院へ。ここは良くある憩いの広場的な雰囲気が漂っていた。文化財の宝庫であるエリアでここまで開放的なのもある意味珍しい。露天商が大きな声を出していたり、お酒を飲んでいる人がいたりと…。
次は天台宗別格本山 中院。
d0258552_10495193.jpg

ここは訪れて良かったと思える場所だった。手入れが行き届いた庭をしばし見学。こうでなくては。
d0258552_1057837.jpg

d0258552_10571741.jpg

ここまでで感じた事は、ポタリングするにしても範囲が狭過ぎると思った。徒歩で散策しても半日もあれば充分回れてしまう。かなり物足りなさがあったので、周辺をサイクリングした後、範囲を広げながら2周目に突入したのであった。
by alexmoultonspeeds | 2013-04-30 07:06 | CYCLING

maware

d0258552_15302063.jpg

レザーブランド「maware」
美しさと丈夫さにこだわり、手縫いの技法を用いたアイテム制作をしているとの事。お店に伺った事は1度も無いが、ディーラーでもあるKOOWHOを経由しGTmk2制作における何点かのパーツをレザーでまとめてもらう事にした。レザーはシボ無し、ブガッティブルーとの相性を考え、色はハニー、ステッチはブルー。
ハンドメイドのトラスフレームにハンドメイドのレザーアイテムを装う…ちょっとした私の拘り、いや自己満足か。
先日グーワタナベに初来店したが、もう1件伺いたいショップがある。
「RSA SUN BAGS」愛知県北名古屋市にある、オーダーバッグ制作のお店。
片道400kmを考えると、なかなかお気軽には向えないのでとりあえず電話をかけてみた。
すると、「遠方の方からのご相談も多く、メールで対応させていただいていますよ」との事。メールのやりとりで制作された実績もかなりあるようだ。デイバッグはRSA SUN BAGS、リアのバッグはグーワタナベで制作してもらおうかと現在検討中。
なんかこう、人と出会いながら1点1点のパーツを吟味し、時間をかけてモールトンを完成させるこの感覚が嬉しくてたまらない。
by alexmoultonspeeds | 2013-04-20 18:45 | AM GTmk2

ブログ名変更

d0258552_125016100.jpg

はっきり言って同じような名称だが、ブログ名を変更する。その名も「ALEX MOULTON LIFE」。
AM SPEED LIFEとして名付け、続けていたブログだが昨年末頃から現在に至までSPEED-Sの記事は殆ど更新出来なかった。今後はパイロン、私の部屋で預かっているAM7、そして現在KOOWHOにて制作中のGTmk2の記事を綴っていくつもりだ。モールトンの見聞を広めるため、各地へ赴く事もしていきたい。
さらばAM SPEED LIFE、ありがとうAM SPEED-S。
by alexmoultonspeeds | 2013-04-19 06:24 | Moulton

グーワタナベ

d0258552_10351315.jpg

吉祥寺のオーダー&カスタムバッグを手がけるグーワタナベへ初来店。
リアキャリアを装備したAM7用バッグを制作してもらう為だ。悩んだのが帆布の色。AM7のフレームは黒く、パーツはほぼシルバーで構成されている。このように何色にも合わせやすい車体なので、余計悩んでしまう事態に陥っていた。AM7オーナーが下した決断は「ネイビー」。清潔感があって宜しいのではないだろうか。
d0258552_10383643.jpg

d0258552_10464854.jpg

レザー部分に入るシリアルナンバーを「AM7」に変更しているところが憎い。
「何故か分からないけど」と仰っていたが、例年よりも今年は注文が多いようだ。なので今回のリアバッグは6月下旬完成予定。オーダー毎に変わる仕様を全て手仕事で行なっているのだから、それでも早い仕上がりだと思う。GT用のバッグも検討したいが、6月下旬…まだGTは完成していないだろう。お盆休みは難しいかもしれないが、年末旅行にはGTもバッグを装着したい。グーワタナベのウェブサイトで見る限り外国のお客さんも多い。店内にも欧米の男性客が2名、入店するなり「…Wao!!」と目を輝かしバッグを手に取っていた。海外でも名の知れた名店なのだろうか?
by alexmoultonspeeds | 2013-04-15 06:34 | AM-7

カンパ11sバーエンドシフター

d0258552_8565069.jpg

フラットバーハンドルでカンパ11sを動かそうとした場合、カンパはこのシフター以外に選択肢がないのだろうか?TTバイクには勿論だが、モールトン20インチモデルのモスキートバー仕様でスーパーレコード組みなら似合いそう。だが、持ち易そうなこのウネウネとしたシフター、かなり巨大。GTにはどうなのだろう?画像の用に立っている状態での組み付けはあまりよろしくなさそう。寝かした状態でならアリかもしれないが…。Drが取付け方を色々と検討して下さるそうなので、お任せするとしよう。

追記

永井さんが加工屋さんと早速打ち合わせを行なってくれた。まだ設計は始まっていないが、出来上がりに期待が高まる。
by alexmoultonspeeds | 2013-04-09 20:02 | AM GTmk2

方向性

d0258552_11103169.jpg

GTmk2の方向性を決めるためKOOWHOへ。
早速AM GTmk2のフレームとご対面。ウィッシュボーンはMサイズ、旧チタンシートポスト(USEエイリアン)希望通りの仕様で、願ったり叶ったり。永井さんにはその後4時間に及ぶ打ち合わせにお付き合いして頂き、ただただ感謝。
塗装は事前に決めていたブガッティブルーに確定。更にヘッドバッジにはクリア塗装を施す。勿論1度リベットを外しての塗装。数々のフレームやパーツへのペイントをこなし、永井さんが信頼している塗装職人だからこそ今回依頼するのだが、自然な保護効果が見込める最善な手法ではないだろうか。さてさて仕様の話しに進むとしよう。最初はドロップハンドルでの走り込める仕様で進んでいた打ち合わせだが、最終的に「ポタリング仕様」で決定した。それは、AM7とのサイクリングを第一優先に考えての事。ある意味贅沢かも知れないがカーボンパーツ化が控えているパイロンもあるので、GTmk2はフラットバーのユルい仕様で完成させるのも2台の特徴が出て面白いという結論だ。
今回は現代パーツで全て組む。クランク、F・Rディレイラーはアテナ、ヘッドパーツはレコード。KOOWHOオリジナルステンレスフラットバーでmawareのレザー(ハニー、ステッチはブルー)を多様した街乗り使用。ハブは当初、モールトンオリジナルで進めていたが、まさかの方からまさかの事実が判明し(ここでは説明しない方が良いと判断し割愛する)即却下に。その後TUNE、CHRIS KING、ホワイトインダストリーのハブで悩んだ末、行き着いたのはGOKISOハブ。ご存知Made in Japanのスペシャルハブ、受注生産の為納品に2ヶ月かかるらしい。既にポタリング仕様ではなくなっている気がしないでもないが…まぁ良しとしよう。リムはベロシティーでフロント24H、リア28H。サドルはBROOKSスイフトチタニウム、色はハニー。未確定の部分も若干あるが、ブガッティブルーとレザーの相性も良さそうで、仕上がりが楽しみだ。モールトンオリジナルのステンレス製デイキャリアとリアキャリア、マッドガードもオーダー。リアキャリアは1年位待つものと思われたが、運良く在庫がダイナベクターにあるらしい。リアキャリアに装着するバッグの選定も始めるとしよう。完成は6月末~7月初旬位だろうか?よってGWの川越~聖蹟桜ヶ丘サイクリングはパイロン出動。パイロンはフレクシターサスペンションが実に気持ちよく、ついつい踏み込んでしまうのだが、今回はAM7との距離が開かない様、気遣いながら走りたい。
by alexmoultonspeeds | 2013-04-08 07:05 | AM GTmk2

川越、聖蹟桜ヶ丘サイクリング

d0258552_11115186.jpg

今年は同僚の結婚式が連休の真ん中に入ってしまい、なかなか身動きの取りづらいゴールデンウィークとなってしまう。おまけに余興担当。メンバーが集まってのリハーサルを別日に行なう可能性もあるらしい。それでも去年のゴールデンウィークは全ての休日が実家の大掃除となってしまったので、まぁ良しとしておこう。
そんなスケジュールの中ではあるが、AM7と1泊2日のサイクリングの予定を立てた。1日目は小江戸・川越。文化財の多い事で有名な川越は、関東では鎌倉、日光に次ぐ場所。事前にある程度川越の歴史を調べておいた方が楽しさが倍増する事だろう。2日目は聖蹟桜ヶ丘。ここはジブリ映画の中で最も好きな作品「耳をすませば」の舞台になった場所。真夏に訪れた方が作品とシンクロできそうだが、今回は丘の上で微風を感じたいと思う。果たしてムーンに会えるだろうか?
GTの完成が間に合えば、きっと初乗りの良い思い出になるだろう。
by alexmoultonspeeds | 2013-04-04 07:12 | CYCLING

GTmk2始動〜DURAACE9000は似合うのか?〜

d0258552_19312854.jpg

d0258552_19385897.jpg

今週のどこかで、溜まりに溜った代休を1日消化しKOOWHOへ出掛ける予定。そう、KOOWHOにてGTmk2を購入するのだ。赤枠AMバッジのGTmk2を新車で購入するチャンスは今後なかなか無いと思い、購入を決意した。ハイドロラスティック搭載の分割17インチモデルを検討していた矢先に、最も最良なモールトンと出会えたと思う。旧型に位置するこのGTmk2は現行モデルよりキングピンひとつとっても自分好み。だが、急な展開であるが故にコンポやその他パーツは一切決まっていない。リアキャリアを装着したAM7とのロングツーリングを考え、キャリア装着も検討している。マッドガードも装着するかもしれない。
すでに確定している事もある。このフレーム、実はパイロンと同系色なのでKOOWHOにてブガッティブルーの塗装を施す予定。1月に代官山で行なわれた「博士を偲ぶ会」にて展示されたGTSを見てからというものブガッティブルーの美しさに魅了されてしまったのだ。
現在デュラエース9000で組みたい気持ちが相当高まっているが、ホワイトインダストリーのクランクも面白い。だが、キャリア装着を考えるとアテナという選択肢がスタイル的に無難だし、実際アテナ組みのモールトンは似合うがゆえに多いと思う。食事をとりながら永井さんと打ち合わせを行なう予定なので、その際に色々ご意見を伺えればと思っている。ドクターから悩める子羊に、何かきっと良いアドバイスが頂けるはずだ。
by alexmoultonspeeds | 2013-04-03 06:11 | AM GTmk2

お花見サイクリング

d0258552_858081.jpg

AM7と夜桜を観にサイクリングへ。が、とても寒く、今にも雨が降りそうな天候なので、人もまばら。見頃を迎えた桜もどこか寂しげだった。
時同じくして京都に出掛けた家族の話しでは、とても暖かく、お花見日和だったそうだ。実に羨ましい…。京都は無理でも、ゴールデンウィークはモールトンとどこかへ出掛けたい。
d0258552_91079.jpg

by alexmoultonspeeds | 2013-04-01 07:31 | CYCLING