ALEX MOULTON LIFE

カテゴリ:AM GTmk2( 44 )

ショートリーチブレーキアダプター

d0258552_1934988.jpg

ショートリーチのブレーキの為に依頼していたアダプターを遂に装着。
初期段階ではマッドガードを取付ける手前、選択肢に入ってはいなかったが、紆余曲折ようやくブレーキもアテナになった。
作業中、KOOWHO永井さん色々とお話しする事が出来、おかげで楽しい時間を過ごせた。
ブレーキの引きが以前より軽くなったと同時に、ブレーキシューが新しい事もあるが効きも向上した様に感じる。永井さんの「完成しましたね」という言葉が嬉しいような、もう弄くる所が無くなったようで寂しいような、少し複雑な気分に陥ってしまったが、リアキャリア用のバッグ制作なども実行していないので、その辺りを今後は熟考していこうと思う。
d0258552_1911491.jpg

d0258552_193545.jpg

d0258552_19312860.jpg

小さいパーツだが、その役割とメカっぽさの向上に大きく貢献している。
by alexmoultonspeeds | 2016-05-10 19:27 | AM GTmk2

MOCJエンブレム

d0258552_9553377.jpg

先日のサミットにて手に入れたMOCJのアルミ製エンブレム。曲面やサイズなど、AMシリーズのヘッドチューブかシートチューブに貼付ける事を前提に作られているように感じる。パイロンはそもそも貼れる場所が限られているので、シートポストに仮付けしてみたが、エンブレムのカーブが広く隙間が出来てしまいエンブレム自体を曲げてしまう可能性があるので却下。ベストポジションを考察した結果、GTmk2のシートチューブに装着。少し雰囲気が変わって、どことなく誇らしげだ。
d0258552_16245612.jpg

by alexmoultonspeeds | 2015-06-15 06:52 | AM GTmk2

忘れた頃に

d0258552_1174338.jpg

年度の切り替え時期は、毎年の事ながら忙殺されてしまう。4月の下旬までは落ち着かなそうだ。
そんな最中、昨年のモールトンサミットにて撮影されたGTmk2の画像が、サミット終了から約9ヶ月後に送られて来た。一部スタッフの車両は撮影されていなかったような話しもあったので、忘れた頃というよりは、撮影されなかったのだろうと思い込んでいた。デイバッグが少し変形しているのが残念だが、良い記念にはなったと思う。
by alexmoultonspeeds | 2015-03-27 11:40 | AM GTmk2

ウィッシュボーンステムを交換

d0258552_9232884.jpg

昨年の11月、走行時ウィッシュボーンステムが少し下がり、回ってしまう事があった。先日KOOWHOにて調べて頂いた所、臼を引き上げる為のガイドが1mm程ずれていて、臼が途中から上がらない状態だったらしい。不良品という事でアーム以外を現行の斜臼式と交換。安心の固定力を得た。ちょっとしたバージョンアップとして、サイズアップされたボルト部分にステンレス製の精巧なカバーを取り付けた。GTmk2は仕様変更の予定が無いので、こういうちょっとした変化が嬉しく、そして楽しい。
by alexmoultonspeeds | 2014-05-19 06:20 | AM GTmk2

ブレーキ換装

d0258552_1630103.jpg

マッドガードを取り外した事により、タイヤとブレーキとの間にポッカリと空間が。思い切って、ロイヤルグランコンペからアテナのスケルトンブレーキに換装する予定。KOOWHOさんにショートリーチ用の取付け台座制作も依頼しておいた。台座が出来上がり次第伺う予定。
今年は昨年に比べ、殆どモールトンに乗れていない。サイクリングタイムをゴールデンウィーク中になんとか確保したいものだ。
by alexmoultonspeeds | 2014-05-02 06:30 | AM GTmk2

NITTO製モールトンボトルケージ

d0258552_8342532.jpg

8ヶ月待ちで、ようやく手に入ったNITTO製ボトルケージ
聞く所によると、1年に2回しか製造していないらしい。ノーマル品と比べかなりの価格差が発生しているが、違いは「Moulton」と銘が入っているだけ。まぁ結局はそこに惹かれてしまう訳なのだが、購入されている皆さんもきっと同じはず。
現在装着しているボトルは確か12年前に購入し、未だ使用歴の無いPOLARボトル。当時、シロクマのイラストに惹かれ購入した記憶がある。その他のボトルは全てTREKのオリジナル(USPS/VW)品なのでモールトンには使う気になれない。当面はこのPOLARボトルを使用する予定。
パイロンにもこのボトルケージを装着したいと考えているが、問題がある。現行のパイロンと違い、ただではフレームにボトルケージを取付ける事が出来ない。シートポストを活用すれば簡単に取付ける事が可能だが、キャリア装着時にデイバッグが干渉してしまう。なのでモールトンオリジナルのボトルケージ台座を注文、パイロン完成時には装着されているはずだ。
d0258552_8343277.jpg

by alexmoultonspeeds | 2014-03-20 07:59 | AM GTmk2

ボトルケージ

d0258552_1312765.jpg

夏場のこまめな水分補給を考え、今夏までにボトルケージを装着させたいと考えている。現在、サイズ調整が可能なものを始め実に多くのメーカーから多種多様な商品が販売されており、用途と好みに合わせれば良いだけだが選ぶのに苦労させられる。
ある種モールトニアにとってその悩みを解消してくれるアイテムをNITTOが製造している。そう、NITTOとMOULTONのダブルネームだ。
ダイナベクターのオフィシャルページでは、「最高級ステンレスパイプ使用のボトルケージにモールトンの名前が入った限定品です。総重量48.5グラムの軽さ、一本の18‐8ステンレスパイプを曲げ、熟練工による溶接で手造りしたものです。
ステンレス製フレームのモールトンには特にお勧めの逸品です」と。…逸品、多くのモールトニアが使用しているであろうこのボトルケージを、私も装着したい。元々NITTOから販売されているBOTTLE CAGE 80に「Moulton」と刻印を打っただけだと察するが、それでも反応してしまう。実は3年前からこの製品の購入を考えていたが、飾りではなく使用する為のボトルケージは満足したマシンにしか装着した事が無く、購入を躊躇っていた。GTmk2には装着したいと思う。台座のオーダーを入れなくてはならないが、パイロンが完成した暁にも装着させてみたい。
d0258552_18391756.jpg

by alexmoultonspeeds | 2014-01-05 18:39 | AM GTmk2

古都奈良へは勿論GTmk2と

d0258552_13344822.jpg

さてさて、出発の時刻が迫っている。そろそろモールトンと行く年末旅行の準備を進めなくては。思い返せば、「分割モデルが欲しい=GTmk2購入」のきっかけになったのは昨年の年末旅行だった。AM7さんのPOLOにパイロンとAM7、さらにそれぞれの衣類等荷物を積むのは時間もかかり、今思えばかなり無理があったと思う。無理に積んだ結果、サドルを痛めてしまい元旦から気持ちが凹んでいた。あれから1年、今年はその手の心配が無いはず。
旅行の内容は年明けに綴る予定。
それではまた来年お会いしましょう!皆さん良いお年を!
by alexmoultonspeeds | 2013-12-26 20:34 | AM GTmk2

ステンレスリアキャリア

d0258552_2083186.jpg

キャリアが付け替えられるモデルは当然汎用性が高い。ではそれがモールトン最大の魅力か?と聞かれれば、勿論そうではないと答える。何故ならSpeedのようにキャリアの装着どころか分割機能も無いモデルもまた魅力的だからだ。むしろ、それらを削ぎ落とした事によって得た造形美は当代随一だと思う。各モデルでコンセプトが異なり、各モデルならではの魅力がある。
個人的に、キャリアはGTmk2を味わい尽くす為に必要なモールトン純正オプションパーツなのだと思う。便利且つ楽しみの可能性(選択肢)が広がるのだから。
GTmk2注文時に同時発注したリアキャリアの出番は、肝心なバッグを作っていないので当分先になる予定。当面はパイロンのあれこれで頭がいっぱいなので、一段落したら考え始めようと思っている。今後のお楽しみの1つだ。
by alexmoultonspeeds | 2013-10-22 06:08 | AM GTmk2

KOOWHOアウターキャップ

d0258552_1143078.jpg

モールトンのアウター受けは一般の自転車と比べて太い。なので通常のキャップでは隙間がかなり空いてしまい、ハンドルを切った時ワイヤーに無理なテンションがかかる。
KOOWHOではオリジナルのキャップをセット販売(1台分)しており、装着すると見ての通りそれらの問題が解消される。若干の変化かもしれないが、1台のモールトンを組み上げる際に各部位でこのような経験と知恵による作業やパーツが盛り込まれていたとするとどうだろう。とても精度の高い1台に仕上がるはずだ。アウターキャップ1つから、全体を構成するのは各所のディティールだという事に気付かされる。
by alexmoultonspeeds | 2013-10-06 07:03 | AM GTmk2