ALEX MOULTON LIFE

AM BROOKS

d0258552_827716.jpg

モールトンに1番似合うと思うレザーサドルは?
と、聞かれたら「レッパーの初期型ボイジャー」と答える。パイロンに装着されているボイジャーは座り心地が良く、博士が設計されたのだから当然なのだろうがモールトンとのデザイン的相性が抜群に良い。既にレッパー社が存在していない事が大変残念に思える。
では、現在販売されているレザーサドルならば?
この問ならば間違いなく「ブルックス」と答える。
きっと多くの方の答えもブルックスだろう。
GTmk2用のサドルを選択するにあたりスイフトは最有力候補だったが、いかんせんAM7と「お揃い」になってしまう。もう1つボイジャーを手に入れられれば、博士のGTSの様にmk2にも装着したい所だが、初期型のボイジャーは簡単に手に入る代物ではない。
そんな事をモヤモヤと考えていたある日、幾つかの偶然が重なる事により素敵なサドルを手に入れる事が出来た。以前入手難な為、手に入れる事を諦めたAMマーク入りのブルックスだ。
10年近く前にブルックス社の都合により製造が中止されてしまったサドル。絶対数が少なく、コレクション的要素もあるので手放す方もいないのだろう、まずオークション等で姿を現す事がないアイテム。今回手に入れたAMブルックスは、スイフトチタニウムモデルで色はハニーと1番欲しかった仕様。それも中古ではなくデッドストック品。
d0258552_8373712.jpg

d0258552_8275598.jpg

AMマーク以外の現行スイフトとの違いは、ひと手間少ないデザインと言えば良いのだろうか、サイドの雰囲気が異なる。
やはり勿体ないからコレクションに…という気は更々無く、AM7のスイフトとの違いも明確?なので実用品としてGTmk2に装着する予定。
イギリスからの出荷後10年は経過していると推測されるので、早速BROOKS純正プルーファイドを表面に塗布し一晩寝かせようかと思ったが、レザーの色艶が非常に良い。触り心地もモッチリとしており、表皮のきめ細かさが見て取れる。大切に保管されていた証拠だろう。どうやら薄く塗り伸ばす程度で良さそうだ。
ボイジャーと同じく、良い飴色に育てる楽しみがまた1つ出来た。
by alexmoultonspeeds | 2013-05-16 07:28 | AM GTmk2