ALEX MOULTON LIFE

GTmk2制作状況

d0258552_82649100.jpg

KOOWHO永井さんからGTmk2の状況に関する連絡があった。フレームの画像も送っていただけた。
見ての通りブガッティブルーの塗装を終えKOOWHOに戻ってきている。サブフォークが写っていないが、こちらも塗装済み。画像では見えづらいがフォーククラウンのAM部分に、博士のGTS同様ブガッティブルーで色を入れた。
塗装を行なうにあたりパテントとAMのデカールを剥いでいるが、モールトンオリジナルのデカールを貼り直す事になっている。「この中からどうぞ」と数種類のデカールが年代別で用意されていた。AMのサイズにも違いがあるようだ。パテントは一昔前の文字のポイントが小さく、ウェイトが細いタイプを選んだ。こういったものが用意されている点が非常に嬉しい。
エンドの修正、BBのフェイシングやタッピング、フォークコラムの内面仕上げも終えているとの事。つまりフレームに関する作業は全て終了している。
受注生産品のGOKISOハブは納期に2ヶ月かかると思われていたが、なんとすでに納品されているとの事。そして、カンパ11sシフターを取付けるパーツは試作品で判明した操作性を改善する為、第2段階の製作に入ったという。
これは、早ければ6月末には完成しているかも知れない…梅雨明けが今からとても楽しみだ。
by alexmoultonspeeds | 2013-05-18 07:53 | AM GTmk2